サイの学校

教育・教員のいろは

ポケモンの進化っておかしいよね?→これいわゆる○○

     f:id:SAI15:20210620205341j:plain

                  Infographic vector created by pch.vector - www.freepik.com

 

こんにちは~  シロナです。

 

どうもサイです。

 

今日、リザードリザードンに進化しました (^^♪ 

 

リザードンポケモンか!!
生物学んで思うんだけど、「ポケモンの進化」ってなんか変じゃない?

 

え? 理系のマジレス...きもいです 

 

ごめんごめん(笑)  「進化」って部分。
教師も考えるところあると思うんだよね...

 

 

本日のテーマ

ポケモンの進化っておかしいよね?→これいわゆる○○

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンの進化を説明してみる

f:id:SAI15:20210620210449j:plain   

                                  Designed by pch.vector / Freepik 

 

単刀直入になりますが,

ポケモンは進化していません

 

「え?してるって!!」

ポケモンだいすきクラブ

怒られるかもしれませんが,

生物学的には、間違っています。

 

たとえば...

アニメやゲームで見られるような,

「光をまといながら,体の形を変化させる」 

というのは,進化ではありません。

 

僕たち人の祖先はサルですが,

「ある日。からだが輝いてサルは人になった。」

なんてことはないでしょう。

「テッテッ テッテッ ...」

とBGMが流れることもなければ,

Bボタンを押して,

サルの進化は止めることができません。

 

ポケモンにおける進化は,

成長や変態といったものに,

近いでしょう。

 

たとえばポケモンには、

キャタピーという芋虫のポケモンがいます。

彼らは,トランセルというさなぎ,

バタフリーというチョウに進化します。

 

リアルでも,芋虫→さなぎ→チョウと,

外見や構造を大きく変えながら,

成長していきます。

この様子を変態といいます。

 

やはり,ポケモンの進化は,

成長や変態として扱うコトが,

正しそうです。

 

といっても,

このままでは良い子の夢を

ぶち壊しただけになるので,

ポケモンの進化を頑張って

学問的に説明してみます(笑)

 

ここでは,

リザードリザードンの進化を説明してみます。

ポケモンの世界では...

リザードはトカゲで,リザードが進化すると

羽の生えたトカゲのリザードンになります。

 

※ここであげる進化は一例です。

 

 

ある時,リザードの集団に,

体の設計図であるDNAを構成する

塩基配列に変化が起こり,

突然変異したリザードが誕生します。

このリザードは羽が生えているリザード

雑にいうとリザードンです。

 

このリザードの集団には,

少数のリザードンが突然変異で,

存在しています。

 

ある日,大きな地震が起きました。

そして津波がやってきます。

多くのリザードはその津波

死んでしまいました。

しかしリザードンは,

その羽を使って空を飛び,

生き残ることができました。

 

するとどうでしょうか?

今までのリザードは,

リザードンへと進化しました。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

なんてアホなことを書いていますが,

進化はこのように自然選択によって

起こるものとダーウィンは唱えました。

 

 

 

さて,これを教育現場では

何というのでしょうか?

次章に続きます。

 

 

 

 

素朴概念とは? 

              f:id:SAI15:20210611182915j:plain 

                           Designed by pch.vector / Freepik

                                                               

ここからは,学校の先生に向けの,

絶対に抑えておきたい内容になります。 

 

今回は,ポケモンの進化をとりあげました。

子どもがポケモンのアニメやゲームで,

間違った「進化」についての知識を,

手に入れているというお話でした。

 

 

これっていわゆる素朴概念です。

 

www.sai-edcation-lib.com

 

素朴概念とは,

我々が自然の事物や現象に対して

有してる素朴な認識のうち,

科学的には正しくないもの

です。

 

今回の場合は,

ポケモンの進化を通して,

科学的には正しくない認識を

得ているというトコロでしょうか。

 

この素朴概念は,

「科学的には正しくない」

とは言いましたが,

さまざまな教科でも生じるようです。

他の教科については

また今度あげようと思います。

 

教員はこの素朴概念を,

生徒観で理解するなどして,

授業を工夫する必要があります。

また授業によって,

子どもが素朴概念を獲得しないよう

注意が必要です。

 

 

www.sai-edcation-lib.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は,

ポケモンの進化っておかしいよね?→これいわゆる○○」

というテーマでやっていきました。

 

まとめておくと...

ですね。

 

今回,色々話してきましたが,

他にもポケモン見ながら,

色々考えることがあります。

 

アーボックハブネークは,

生態的同位種なのかな...とか,

ポケモンによって,

子どもたちが自然を愛する心を持てば,

教育的意味がすごいなぁ...とか,

こんなこと考えているなんて

正直言ってキモイですが

まぁ僕はポケモン大好きです。

 

 

以上でーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

サイのブログにお越しいただき,

ありがとうございます。

 

ポケモンの進化に関して,

ポケモンの嗜好と誤概念の相関」 

をデータを取って紹介している

論文があったので,紹介しておきます(笑)

 

山野井 貴浩 他

『特定のゲームやアニメの嗜好は

進化の定義の理解に影響を与えるか』