サイの学校

教育・教員のいろは

【人気ブロガーも実践】人をとりこにする文章の書き方

 

       f:id:SAI15:20210718132243p:plain

 

 人をとりこにする文章の書き方を紹介します!

 

 

 

 

 

本日のテーマ

人をとりこにする文章の書き方

 

 

 

こんな人におススメ

 

企画がいつも通らない

ブログのPVが伸びない

文章がうまくなりたい

 

 

 

 

参考文献

DaiGo『人を操る禁断の文章術』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの知らない文章の力 

          f:id:SAI15:20210711215943p:plain

 

「文章がうまくなりたい」と考える前に,

文章の持つ魔力を理解しておきましょう。

 

企画書にしても,ブログにしても

私たちは日ごろから文章をよく使っています。

考えてみると,不思議ですよね。

写真でもなく,動画でもなく,なぜ文章なのでしょうか?

 

 

あなたの思う世界最高の美女とは?

 

これは,文章の力をしめす質問です。 

この1行を読んだとき,

あなたはどんな顔を思い浮かべましたか?

 

ガッキーですか?

 

石原さとみですか?

 

エマ・ワトソンですか?

 

もっと,自分好みの理想的な女性を

思い浮かべたかもしれません。

 

 

しかし,もしここに1枚の写真があったらどうでしょうか?

たとえば,ガッキーの写真とともに, 

あなたの思う世界最高の美女とは?と質問されたとします。

 

ガッキーはもちろん美人ですが,

人によっては好みの顔ではないこともあります。

その人にとっては,ガッキーは世界最高の美女ではないはずです。

 

でも,彼らのイメージには,ガッキーがあるため,

世界最高の美女を想像することもできなくなるでしょう。

 

 

つまり,文章の持つ魔力とは

人に最適なイメージを与えるコトです。

そして,そのイメージをもとに人は行動しています。

 

たとえば,あなたに赤ちゃんがいたとしましょう。

結婚から何年か経ち,やっと授かった赤ちゃんです。

ある日,あなたはオムツ売り場に行きました。

 

「何がいいかな?」とオムツ売り場を眺めていると,

ふとこんなコトバを目にします。

 

「今しか見れない姿を残しませんか?」

 

あなたは,きっと写真や動画で子どもを撮ることを

イメージしたのではないでしょうか?

 

もし,現代のようにだれもがスマホを持っていて,

写真や動画を撮れる時代でなければ,

電化製品コーナーに足を運ぶはずです。

 

つまり,文章の力とは...

人にイメージさせ行動させる魔力です。

 

 

 

 

人を操る3原則

        f:id:SAI15:20210708105601p:plain

 

さて,文章が持つ力について話したところで,

人をとりこにする文章を書く方法を紹介します。

 

人をとりこにする文章を書くにあたって,

以下の3つを意識しましょう。

 

これを意識するだけで,文章のレベルが格段に上がります。

 

① あれこれ書かない

② きれいに書かない

③ 自分で書かない

 

 

あれこれ書かない

 

文章の持つ力とは,

人にイメージさせ行動させるコトにありました。

 

つまり,よい文章をどうやって書くのか?というのは,

 人にイメージさせ行動させる文章をどう書くか?というコトです。

 

まず大切なことは,「あれこれ書かない」コトです。

 

先ほどのオムツの例を見てみましょう。

 「今しか見れない姿を残しませんか?」

これは,カメラやビデオを売りたい文章です。

でも,ここには「カメラを買ってください!!」とは書いていません。

 

大切なことは,自分の伝えたいことを書くのではなくて,

人が何かをしたくなる文章を書くというコトです。

 

そのために,あえて余白を作り想像できるようにします。

 

 

きれいに書かない

 

次のポイントは「きれいに書かない」です。

 

人にイメージさせ行動させるようとした時に,

フォーマットにそったお利口な文章は正解でしょうか?

「本日はお日柄もよく~」と始まる文章に興味がそそられますか?

 

人は,倫理ではなく感情で動く生き物です。

名文を作って夏目漱石になったり,

学会に発表する論文は必要ないんです。

 

 

自分で書かない

 

最後のポイントは「自分で書かない」です。

 

人にイメージさせ行動させるようとした時に,

 大事なことは自分主体では書かないことです。

 読者目線で書け!!なんてコトバがありますが,

本当に的を得た名言です。

 

相手に刺さるコトバは,相手の中にあるのです。

 

不特定多数のだれかよりも,

「この人に届けたい」を意識して書きましょう。

 

 

 

 

今回は、

人をとりこにする文章の書き方

というテーマでやっていきました。 

 

内容としては...

 でしたね。

 

 

 

 

では、また次回お会いしましょう!!

以上でーす。

 

 

 

 

 

P.S.

サイのブログにお越しいただきありがとうございます。

さて,今回は魔法のような文章術を紹介しました 。

あなたも,有名ブロガーたちの愛読書を読んでみませんか?