ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

「子どもが全然勉強しない」「部下のやる気がない」でお困りでは?? 人にやる気を出させる方法とは|大学生のブログ|教育時事

大学生のブログ|教育時事

 

 

         f:id:SAI15:20210602192213j:plain

 

 

ャンマーの留学生の話がリアルすぎて落ち着きを隠せないサイです。

何かできることはあるかな...

 

 

さて,今回は「人にやる気を出させる方法」がテーマになります。

 

主に「子どもが全然勉強しない」「部下のやる気がない」でお困りの方は必見です!!

 

 

 

=報酬を設ける=

 

 

         f:id:SAI15:20210602192821j:plain

 

 

子どもや部下のモチベーションをあげたいと考えた時に,

 

まず浮かぶのは報酬を設けるではないでしょうか?

 

たとえば,

 

子どもに「宿題をしっかりしてくると,単位をあげるよ」と伝えてみたり,

 

社会人だと,昇給や昇進を約束したりですかね~

 

 

 

でもこれ!!

 

実はこれ正しい方法ではないんですね~

 

 

 

 

          f:id:SAI15:20210602194312j:plain

 

 

 

スタンフォード大学の研究グループが,

 

「子どもたちに絵を好きになってもらうには?」という実験をしたんですね。

 

そのとき,事前に「よく描けたらイイコトあるよ」と言ったグループと

 

言わなかったグループを作りました。

 

そして,お絵かきが始まったのですが...

 

なんと,報酬をもらえると事前に知っていた子どもたちの方が,

 

すぐにお絵かきをやめちゃったんですね。

 

これからわかるコトはというと,

 

良かれと思ってごほうびを用意しても逆効果になるというコトです。

 

 

 

なぜこんなことになったか?というと。

 

にんげんもバカではないという話で...

 

ごほうびが用意されるようなものとは嫌なものだという構造を,

 

経験則から得ていたからなんですね。

 

 

 

で,これ! いわゆるブラック企業とかにも使われています。

 

ヤツらは,報酬が少ないほど,人間は頑張れるという心理を利用しています。

 

 

 

ちなみに,報酬が多いほど人間が頑張れるものもあります。

 

それは,単純なルールと分かりやすいゴールの見えている短絡的な課題

 

いわゆる作業であり,いわゆる機械によってとって変わられるものですね。

 

漢字ドリルの漢字を,デスノートのように書き続ける子どもや,

 

機械でも替えのきく部下を育てたいのであれば,ごほうびをあげれば良いと思います。

 

 

 

でも,これを読んでくれている人はきっとそんな人ではないはず...

 

ということで,次の章に行きましょう(笑)

 

 

 

 

=人にやる気を出させる方法=

      

 

          f:id:SAI15:20210521180255j:plain

 

 

ごほうびがダメならば何をするのか?というと...

 

①繰り返し伝える

②プレゼント

心理的報酬

 

の3つです。

 

 

①繰り返し伝えるというのは,

 

その仕事は素晴らしいものであり,やりがいがあると

 

繰り返し伝え続けることです。

 

自分の経験談とかをそえると,より良いのかなと思います。

 

 

②プレゼントときくと,「え?ごほうびじゃん」と思われたかもしれません(笑)

 

しかし,ポイントは思いがけない小さなプレゼントであるということです。

 

予測できるものではなくて...

 

例えば,

 

先生なら「○○!!テストよかったぞ。よく頑張ってたな。」と伝えたりですかね。

 

 

心理的報酬とは,心理的な報酬。

 

つまり,承認欲求を満たすコトバですね。

 

「あなたのような人じゃないとできない仕事です」

 

といったニュアンスになると思います。

 

 

これらが,具体的な子どもや部下をやる気にさせる魔法になります。

 

今回は,「人にやる気を出させる方法」というテーマでやっていきました。

 

正解やゴールのない現代を生きる人材を育てるには,

 

これらが重要になってくると思います。

 

参考になればうれしいです。

 

 

 

以上でーす。

 

 

 

P.S

サイのブログにお越しいただきありがとうございます。

あなたに見ていただけて,本当に幸せです(^^)/

よろしければ,登録お願いしますm(__)m