ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【コナンで学べる?】授業の導入・教材化を考える|大学生のブログ|教育時事

大学生のブログ|教育時事#16

 

 

            f:id:SAI15:20210529171258j:plain

 

 

近よく眠れた気がしないサイです。

 

寝る前は読書しよう...マジで。

 

今回のテーマは,「コナンから授業の導入・教材化を考える」です。

 

割とシリーズ化しているものなので,これらも読んでもらうと,より内容が分かりやすいと思います。

 

 

www.sai-edcation-lib.com

 

www.sai-edcation-lib.com

 

 

 

=トリックはソーラーバルーン=

 

 

           f:id:SAI15:20210529171928j:plain

 

 

こんかい注目する話は,名探偵コナン 847-848話『千葉のUFO難事件』です。

 

わりと有名な話しかなぁと思います~

 

ざっくりどんな話か?というと...

 

千葉刑事が,ある殺人事件を調査していました。

 

その事件とは

ある日,2人のオトコが工事中のセメントの上に倒れていました。

発見されたとき,そのうちの1人は死んでいて,1人は生きていました。

入口の防犯カメラの映像には,2人しか映っておらず,生き残った1人が犯人であると予想されました。

しかし,オトコを窒息死させた凶器が見つかっておらず,容疑者もセメントの上で固まっていたという事で(凶器を捨てられないという事で),事件は進展しません。

 

そんな時,近くの公園でランニング中のJKが,UFO を見たと毛利探偵事務所にやってきて...

 

という話です。

 

 

ネタバレになりますが,この事件の犯人はやはり生き残ったもう1人のオトコだったんですね。

 

 

トリックはこうです。

 

犯人が使った凶器というのは,大きな黒いゴミ袋のようなものでした。

 

これを手で絞って短いビニール袋のようにつかい,窒息死させます。

 

次に,このゴミ袋に空気を入れ,口をしばります。

 

すると,このゴミ袋は次第に浮いて飛んでいきました

 

つまり,凶器がかってに飛んで行ったということですね。

 

 

これは,ソーラーバルーンというものです。

 

空気を入れた,黒いビニール袋に太陽の光があたると,黒は光を吸収するので,ビニール袋ないの空気の温度があがります。

 

空気の温度があがると,ボイル・シャルルの法則より,空気の体積も大きくなります。

 

この時,質量は変化していないので密度は小さくなり,浮力によってビニール袋は浮かびます

 

以上が,ソーラーバルーンのしくみですね~

 

 

「黒色は光を吸収する」「ボイル・シャルルの法則」「浮力」など,いかにもサイエンスな内容がでてきましたね。

 

これらは,がっこーで学ぶ理科の学習内容です。

 

 

 

 

=教材を考える=

 

 

         f:id:SAI15:20210529181315j:plain

 

 

さて,この ソーラーバルーン!

 

どうも,これらの学習において,教材として使えそうです。

 

導入に持ってきて,子どもたちの興味をつかんでもいいかもしれませんね。

 

 

ここでは,そんな教材について説明します。

 

教材とは,「教科内容を獲得させるための事物・現象」とか「直接学習の対象となるそれらのもの」と,まぁカタクルシイ定義は一応あります。

 

まぁ,でもみなさんが持っている教材の理解で間違いないですね。

 

 

大事なことは,身の回りの全ての自然事物・現象が素材となるということです。

 

つまり,子どもの学習につながれば,教材なんてなんでもいいんですね。

 

オモシロくない教科書の教材をわざわざ使ってやる必要はないわけです。

 

ただし,学習の目標どういった学習者を対象とするか?は大切ですよ。

 

これらを考慮しておけば,まぁ教材なんてなんでもいいわけです。

 

 

で,身の回りのものがなんでも素材になるということは,ボーっと生きてるだけじゃ素材なんて見つかりません。

 

「これって○○に使えそうだな」なんて考えてないといけないわけです。

 

 

まぁ教科書の内容でよくね?っていう意見もあるとは思います。

 

でもね,それって結局ザガクにつながるんですよね。

 

いうと,おもんない授業になるわけです。そもそも教科書見とけばいいし。

 

 

で,今回紹介するのは「ソーラーバルーン」ですね。

 

これって,子どもの興味をひけるし,野外でできるんでおススメかなと思いました。

 

まぁ原理はカンタンなんですが,ソーラーバルーンというもの自体を知る機会ってめったにないと思うんですよね。

 

で,僕はこれをコナンのトリックから知って,教材に使えそうだなと思いました。

 

このように,身の回りの全ての自然事物・現象が素材となる意識って大切だなと思いました。

 

また,アニメ引用なので,子ども受けもよさそうですよね。

 

 

今回は,「コナンから授業の導入・教材化を考える」という内容でやっていきましたが,まぁご存じの通りコナンて神ってるんで,見てみてください(笑)

 

以上でーす。