ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【進学校で頑張るあなたへ...】高校生活の過ごし方|大学生のブログ|教育時事

大学生のブログ|教育時事#14

 

んしの勉強始めないといけなくて,ガン萎えのサイです。

 

今回のテーマは,「高校生活の過ごし方」についてです。

 

 

進学校は,進学校で不幸だと思う=

 

 

高校生活の過ごし方について,話すということで...

 

ぼんやりと,僕がどういう人間だったのか?というのを示しますね~

 

僕は,いわゆる進学校に通っていました,まぁその県ならだれでもなまえを知っているぐらいのレベルです。

 

いわゆる,有名進学校にかよっていたわけですが,大学生になったからこそ思うことを述べたいと思います。

 

 

 

僕の高校は,九州出身だったので,「朝補」という文化がありました。

 

毎朝7時40分からじゅぎょーがあったんです(笑)

 

だから、まいにち6時起き

 

そのくせ,進学校ということで予習復習に終われ,寝るのはいつも1時,2時という生活です(笑)

 

休む暇はなくて,電車の中でさえ,眠たい目をこすりながら英単語帳をよむという生活。

 

もはやブラック企業でしたね。

 

進学校ということで,大変でもサボるわけにはいけません。周りや先生は,勉強第1!現役九大!といった感じですから(笑)

だから,いつも眠かったし機嫌も悪かったかな...

 

そんな生活を送っていたから,色々我慢していました...

 

部活も楽そうで選んだし,トモダチと遊んだのも数回です。

(友達がいないというわけではなくて,まぁみんなそんな感じ)

 

平日はスマホを使わない!と決めて悟りを開いたこともあります(笑)

 

 

 

=青春は1度きり=

 

 

と,まぁそれなりに頑張った高校生活だったと思いますが,実はそうでもありません。

 

というのも,教室を見れば友達も,電車に乗れば他校の人も,そろってゲッソリしていたからです。

 

負のオーラといいますか,まぁクタクタな感じが伝わってきましたね。

 

つまり高校生ってことで,みんな頑張っていたんだと思います。

 

 

 

大学生になって思ったのですが...

 

カリキュラム的な問題は置いといて,みんな頑張りすぎてたなぁと感じます。

 

あるOBのはなしです。

 

その人は,その進学校ではいつも圧倒的に一番で,現役で東大に入ったそうです。

 

その人がいってました,「テストの点を10点あげるために勉強していた時間をもっと大事なことに使っていれば」と...

 

さて,今高校生活を必死に頑張っているみなさん。

 

お疲れ様です。

 

大変な時期だと思います。

 

でも,そんな大変な時しか青春はありません

 

青春と聞くとクサイですが,大学生になると「あれが青春だったのか」と痛感します(笑)

 

人生において,特に色鮮やかな時期だと思います。そして,2度と手に入りません。

 

写真で何度も見返してしまうほど輝いているものです。

 

 

 

勉強は浪人すれば,何年でもできます。

 

僕は現役で大学に合格しましたが,浪人した友達は,「浪人は浪人で楽しかった」と言っていました。

 

もちろん,家庭の事情が関係したりや人生のことだったりするので,無責任なことは言えませんが...

 

 

 

ぜひ,今を楽しんでください

 

 

 

 

 

自分の経験も踏まえた内容ということで,少しポエマーな内容になりました(笑)

 

以上でーす。