ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【実生活でも活かせる】素朴概念とは?|大学生のブログ|教育時事

大学生のブログ|教育時事#12

 

 

         f:id:SAI15:20210508175345j:plain

 

 

ンハンはやっぱ弓が強いと思うサイです。

 

今回のテーマは,「素朴概念」についてです。

 教育で,大切にされている認知に関するないようです。

 

 

 

 

=素朴概念とは?=

 

 

        f:id:SAI15:20210523125002j:plain

 

 

さて,今回のテーマは素朴概念といいましたが,なんだよそれ?ってトコロだと思います。

 

まず定義として,素朴概念とは...

我々が自然の事物や現象に対して有してる素朴な認識のうち,科学的には正しくないもの です。

 

ムズカシイですよね...

 

 

例えば,「水はでんきをとおす」というのは,あるあるの素朴概念です。

 

正しくは真水は,でんきをとおさないが正しい知識ですよね。

 

でも,「ピカチュウの十万ボルトと水で,サトシが感電した」っていう描写は見たことありますよね。

 

こういう映像をみた子どもたちは,素朴に「へぇ~水はでんきを通すんだ~」って思うんじゃないかなと思います。

 

これが,素朴概念です!

 

研究者によって,事例によって...

多少の定義は異なりますが素朴概念誤概念子どもの科学といったりします。

 

 これらの素朴概念や誤概念,子どもの科学などは総称して構造概念といいます。

 

 

 

 

=概念構造が生じる原因=

 

 

さて,「素朴概念とは何か」をおはなししました。

 

次は,それらがどういった理由で生じるか?というのをお伝えします。

 

主に...

感覚的印象

日常言語

脳の生得的構造

生徒の社会的環境における学習

教育

の5つほど原因があります。

 

 

感覚的印象とは,日常において経験する感覚的な印象です。

例えば,「ボールを上に投げた時,空中のボールには上向きの力がなんとなく働きそうだ」とかですかね。

 

日常言語とは,日常言語が科学的には時代遅れのために生じるものです。

例えば,「日が昇る」といいますが,地動説的には間違っていますよね。

 

脳の生得的構造とは,人間の脳が先天的な制約を持っているということです。

 

生徒の社会的環境における学習とは,他者とのコミュニケーションから,断片的な科学的知識を得たり,マスメディアから科学的に必ずしも正しいとは限らない知識を得ることです。

子どもどうしの班学習といった教え合いや,サトシのピカチュウとかでしょうか。

 

 

教育とは,教育が新しい誤概念の原因となったり,古い概念構造を支持するというものです。

教師と生徒のあいだで,伝えたいことと受け取ることにズレがあったり,そもそも間違ったことを教えていたりと,まぁ原因は色々ですね。

 

これらが,素朴概念の原因となります。 

 

 今回のテーマは,教育に関する内容として素朴概念を紹介しました。

 

しかし「認知」に関するないようなやその理由は,日々のせいかつや学習においても活用できると思います!!

 

例えば,メディアに触れるとき,「自分の解釈にズレが生じる可能性がある」と分かっているのと,分かっていないのでは大きな差ですよね。

 

ぜひ,素朴概念を意識してみてくださいね~

 

 

 

以上でーす。