ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【知らなきゃヤバい】科学的リテラシーとは|大学生ブログ|教育時事

大学生のブログ|教育時事#10

 

雀打ちすぎて,体の重たいサイです。

今回のテーマは,「科学的リテラシー」って何だろうか?です。

 

 

       f:id:SAI15:20210516200940j:plain

 

 

 

 

 

=科学的リテラシーとは?=

 

「科学的リテラシー」というコトバを,コロナウイルスが広まってから,多く耳にするようになりましたね。

 

先日も...

 

news.yahoo.co.jp

 

このような記事が出ていました。

 

ざっくり内容をいうと,片山さつきさんが「空間洗浄コロナに効きます!!」とツイートしたことに対して,科学者たちがプンプン丸って記事です。

 

その中で,「科学(的)リテラシーが低いー」と怒っている科学者がいるみたいです。

 

 

       f:id:SAI15:20210516201114j:plain

 

 

科学的リテラシーのコトバ自体は,色々な定義があるので,今回はOECDとJohn Solomon が定義している科学的リテラシー(sicientific literacy)を紹介しまーす。

 

OECDは,「経済協力開発機構」という国際的な機関で,PISA調査という世界中の子どもたちが受ける学力調査を行っています。

 

で,PISA調査の評価項目に,「科学的リテラシー」っていうのがあるんです。

 

自然界及び人間活動によって起こる自然界の変化について理解し,意思決定するために,科学的知識を使用し,課題を明確にし,証拠に基づく結論を導き出す能力

 

と,「科学的リテラシー」をOECDは解釈してるらしい...

 

まぁ,科学の知識をつかって,ゲンパツ問題とかにイエス・ノーいえる能力ですね。

 

John Solomonという女性もまた,科学的リテラシーを定義してます~

 

①科学が読め理解できる能力

②科学についての意見を表現する能力

③現在はもとより将来に対しても,現代科学に注意を払うこと

④民主的な意思決定に参加すること

⑤ 科学,技術,社会の相互作用を理解すること

 

の5つもあります(笑)

 

①は「科学について書いてある,新聞とかニュースが言ってることを辞書つかいながらでも分かる能力」ですね~

 

③は,ゲンパツの放射性ハイキブツとかね。

 

まぁ「意志決定」ってところでみたら,片山さつきさんは「科学的リテラシー」を持っていますよね。

 

「意思決定」に対して,「科学的リテラシーがない」って言ってる科学者の方がないでしょうね~

 

 

 

 

 

 

=理科教育と科学的リテラシー

 

一応,PISA調査では,日本の科学的リテラシーは,世界1位,2位とかを量産してるんです。

 

でも,PISA調査自体が筆記試験で,日本のテストに近い形だったりするんで,「本当に科学的リテラシーを測れているのか?」というと難しいトコロです。(だって紙の上じゃ,「意志決定」とか分かりませんもん)

 

このように,PISA調査に科学的リテラシーっていう評価項目があることもあって,理科教育でも科学的リテラシーが大切にされてます。

 

みなさんの理科教育を思い出してみてください...

 

「意志決定」とかやってました?

 

先生と生徒による,イッポウコウの授業では,なかなか「意志決定」は育ちにくいですよね~

 

なんで,ワイワイしながら班学習とかも,実は意味があったりするんですね。

 

私見ですが,これからの時代あまり「知識」は重要ではないと思います。インターネットがいるんで...

 

学校では,知識の活用方法をより学べるといいかもしれないですね。