ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【今からでも遅くない!!】ビットコインの基本|大学生のブログ|大学生おすすめの本

大学生のブログ|大学生おすすめの本

 

近イキって,ワインを飲み始めたサイです。

 

おいしいやつ教えてください...

 

今回は,「ビットコインのきほんのき」というテーマでお話したいと思います。

 

 

=バブル下のビットコイン

 

どうも,最近ビットコインがバブル状態にあるということで,メディアが賑わっていますね~

 

時代の波に乗り遅れない様に...ビットコインを学んできたので,ここで共有します。

 

ビットコインとは,2009年に最初に発行されたインターネット上で使うことのできる通貨です。

 

 

電子マネーとの違いがややこしいですが...

 

電子マネーは「円」なので海外で使えないが,ビットコインは「BTC」として共通であるので海外で使える,電子マネーの価格は変動しないが,ビットコインの価格は変動するというような違いがあります。

 

ビットコインは公開された2009年からほぼ10分ごとに発行されていますが,およそ4年ごとに新規発行量が半減していて,2140年の2100万ビットコインを上限とするように設定されています。

 

また,ビットコインには管理者がいないという特徴があります。利用者が直接ブロックチェーンという技術を用いて,取引を行っています。(今までの貨幣には,銀行という管理者が居ます)そのため,ビットコインは個人間で取引ができるのです。

 

ビットコインは主に3つのグループが関係しています。「コア開発者」「取引所」「マイナー」です。

 

「コア開発者」はビットコインの取引を処理するためのコンピュータの手続きを,ボランティアで行っています。「取引所」は,ビットコインと円やドルなどの現実通貨を交換して,手数料収入を得ています。「マイナー」はビットコインの取引をブロックチェーンに記録する役割で,これによって報酬をもらっています。

 

ビットコインによる送金と現行の銀行のシステムによる送金とを比較すると,手数料・利用可能時間,即時性といった様々な点で優れています。取引のコストが安く済むのです。

 

しかし,なぜビットコインがあまり使われていないかというと,ほかの人が使っていないからです。通貨にはほかの人が使えば使うほど便利になるという,ネットワーク効果が存在するのです。

 

日本では,ビットコインというと値上がりを期待したものが多いですが,前に述べた通り,ビットコインは送金の手段として優れています。

 

ビットコインによって,ほとんどゼロでの送金が可能になることで,フリーランサーとして収益を得ることができるようになります。また,国際送金などの送金コストを抑えることもできます。

 

以上がざっくりとしたビットコインの概要になります。

 

 

では,どうやってビットコインを入手するのでしょうか?ビットコインは取引所で購入することができます。具体的には,コインチェックビットフライヤーなどです。

 

また,ビットコインの送金や受取りを円滑に行うために「ウォレット」を作る必要があります。ウォレットを使うことで,ビットコインの暗号理論に詳しくなくても,ビットコインを利用することができます。ウェブで多数提供されているので,見てみてください。

 

ビットコインの取引に使うものに「ビットコインアドレス」と「ウォレットID」というものがあり,注意が必要です。「ビットコインアドレス」は銀行口座の口座番号のようなもので,取引の際にはこれを公開します。「ウォレットID」は,パスワードとともにログイン時に使用するIDで厳重に管理する必要があります。

 

 

堅苦しい表現で長々と書いて参りましたが,ビットコインの基本についてざっくりとまとめてみました。

 

=参考図書=

今回は,野口 悠紀雄「入門 ビットコインブロックチェーン」をもとに作成しました。

 

もっと学びたい人はぜひ読んでみてください!!

 

以上でーす。