ようこそ!! サイのブログへ |大学生が頑張ってます|

大学生 おすすめの本(Education Libray)

教育学部で本好き大学生によるブログ

【砂漠】小利口に生きる日本人へ|大学生のブログ|大学生おすすめの本

大学生のブログ|大学生おすすめの本

 

さらながら,美女と野獣のベルに恋しているサイです。

最近,アニメ版見直したんだけど,やっぱカワイカッタです。

 

今回は,おすすめ本の紹介回になります~

 

 

 

=砂漠=

 

タイトルにある通り,今回は伊坂幸太郎の『砂漠』を紹介します!

 

今まで,小説以外を進めることが多かったんですが,今日はちょっと息抜きして,小説を紹介しますね~

 

 

こちらが,砂漠になります!

 

ざっくりと内容を話すと,北村・東堂・南・西島・鳥井の大学生男女5人による,山あり谷ありの大学生ライフを,春夏秋冬の4章で記した作品です。

(北村・西島・鳥井が男/東堂・南が女)

 

鳥井を除いて,4人の名前には方角が含まれています。その四人で,麻雀したり(鳥居も入る事あるヨ),みんなでボウリングしたり,海にいたり,…と花の大学生活が美しいまでに描かれています~

 

タイトルの「砂漠」は,登場人物の言葉を借りると,「社会」を表しているようで,「砂漠」に出る前の大学生活にフォーカスを当てて書かれています!

 

 

=小利口に生きるな=

 

5人も主要メンバーがいると,推しができるもんですが,僕は「西島」が好きなんですよね~

 

西島の特徴は、本文で以下のように書かれています。

 

顔の輪郭は丸々とし,腹のあたりに少し贅肉をたたえている。黒い眼鏡をかけ,髪は短い。眉は太いものの,たとえば漫画に出てくる熊であるとか豚であるとか,そういう趣がある。

(砂漠 p16)

 

て感じで,勝手にテラフォーマーズの蛭間一郎をイメージしています(笑)

 

西島は,自分を持っているんで,空気を読まないんですよね。せっかくの合コンをめちゃくちゃにしたりします(笑)

 

変な奴なんですけど,彼が話す言葉や姿勢には考えさせられることが多いです。

 

 

特に好きな名言を紹介しますー

 

この国の大半の人間たちはね,馬鹿を見ることを恐れて,何にもしないじゃないですか。馬鹿を見ることを死ぬほど恐れている,馬鹿ばっかりですよ

 

(砂漠 p104)

 

この言葉は,女の子と男子3人が合コンをしたときに,「募金する?しない?」で盛り上がった時に,彼が発した言葉です。

 

周りは,「募金ってなんか怪しくね~」「募金する奴は馬鹿だ!」ってスタンスでした。なんで場は凍り付いたんですけど...安牌を切りがちな日本人には刺さりますよね(笑)

 

日本でTwitterとか見てると,さも自分は知識人であるかのように,人生とは何かを知っているかのように,人より安全で高い位置から,素直に一生懸命な人を笑う人が多いなと感じます。

 

何かをしようとしても,変に未来を考えて,今を生きれていない人も多いですよね。(僕もそんなことあるけど)

 

ホリエモンの言葉を取るなら,これが小利口ってことなんでしょうね~

 

ジャンプ漫画の主人公みたいに,体が先に動くような人間になりたいと思います!

 

 

以上でーす。